普段から解熱鎮痛剤のお世話になっている人もいるでしょう。今の解熱鎮痛剤より自分に合った解熱鎮痛剤を探してみましょう。

  • ホーム
  • 解熱鎮痛剤は生理痛にも効くの?

解熱鎮痛剤は生理痛にも効くの?

辛い生理痛の時は、解熱鎮痛剤を服用すると楽になります。
頭痛や腹痛、下痢など様々な症状がありますが、これらの症状を引き起こす原因を取り除いてくれるので症状が出たら、迷わず解熱鎮痛剤を飲みましょう。

病院で処方されているカロナールも生理痛に効果があります。
しかも、副作用が起こりにくいので何かの副作用が出るのではないかと不安に思っている女性も安心して飲めるはずです。
だから、カロナールは最もよく使われている解熱鎮痛剤です。

カロナールの成分はアセトアミノフェンで、これは市販薬にも入っています。
医師から処方されて服用していたら足りなくなってしまうこともあるかもしれません。
生理期間中なので、すぐに入手したいと思ったらアセトアミノフェンが入っている市販薬を購入してしのぐこともできるでしょう。

また、できれば優しい薬を飲みたいと思っている人にもカロナールはおすすめの解熱鎮痛剤です。
優しい薬なので子供や妊婦も服用できます。
カロナールは体の大きさに合わせてアセトアミノフェンの量を変えています。
アセトアミノフェンの量が、200mgと300mgと500mgのタイプがあるので子供ならば一番少ない200mgを服用すれば問題ないでしょう。

ただし、アセトアミノフェンの量は1日に摂取して良い限界の量があります。
成人の場合は1回1000mgで、1日4000mgまでです。
生理痛が重いからと言って、これ以上の量を服用しないように気を付けましょう。
たいていの女性はこの量で生理痛が緩和されます。

優しい薬と聞くと、本当につらい生理痛が緩和されるのか不安に思うかもしれません。
しかし、多くの女性が服用して効果があったと実感しています。
また、カロナール以外にもたくさんの解熱鎮痛剤がありますが、生理痛に効くのでつらい時は我慢しないで解熱鎮痛剤を服用してみましょう。
これから症状が出ると思った時には飲んでおかないとあまり効果が出ないので早めの服用がおすすめです。

基本的に効果が認められるが、合う合わないがある

解熱鎮痛剤は辛い痛みや熱を抑えるための薬であり、頭痛や風邪、インフルエンザの時などに使われるものというイメージを持っている人も多いでしょう。
幅広い症状で用いられる薬であり、身近な薬の一つとなっています。
ちなみに、解熱鎮痛剤は生理痛にも効果があると言われています。

さまざまな解熱鎮痛剤がありますが、中でもカロナールは副作用のリスクが低いですし、安全性が高いということで人気の高い薬です。
女性が生理の時に使うことで辛い生理痛を抑えられるということですが、具体的な効果についても確認しておきましょう。

生理痛を抑えるためにカロナールを使用する場合、基本的には1回につき1錠を服用することになります。
大人の場合は1回で300~1000mg、1日で4000mgが限度となっていますが、15歳未満の子供の場合は大人と量が異なってくるので注意しましょう。
カロナール200は1錠に200mg、カロナール300は1錠に300mg、カロナール500は1錠に500mgの成分が含まれており、成分の量に合わせて服用する薬の量を変えていく必要があります。

服用する間隔は4~6時間に1回となっており、間隔を空けずに飲むのは良くありません。
病院で処方されている場合、詳しい服用方法をきちんと確認しておきましょう。
なかなか効果が出ない時は1回に飲む量を増やすという方法もあります。
しかし、たくさん飲むと副作用のリスクも高まってしまいます。
用法用量をしっかり守っていれば副作用のリスクは少ないですし、安全性の高い薬と言われています。

カロナールにはアセトアミノフェンという成分が含まれています。
この成分が溶け出して吸収されることにより、痛みを緩和する効果が得られるということです。
基本的には生理痛にも効果が認められますが、作用が穏やかな薬なので場合によってはなかなか効果が期待できないこともあります。
しかし、副作用のリスクは少ないので子供に対しても使われることがあります。