普段から解熱鎮痛剤のお世話になっている人もいるでしょう。今の解熱鎮痛剤より自分に合った解熱鎮痛剤を探してみましょう。

  • ホーム
  • 患部に塗布して使用する「ボルタレンエマルジェル」

患部に塗布して使用する「ボルタレンエマルジェル」

肩や腰といった部分に痛みがある方もいるでしょう。
多少の痛みであれば何とかなる場合もありますが、痛みが強い場合や長期間にわたって症状がある場合には日常生活に支障があると言わざるを得ないでしょう。
そのような方の場合には、何らかの形で痛みを緩和することを考えた方がよいと言えます。
医療機関を受診して治療を受けることもひとつの方法ではありますが、以前行った時に問題ないと言われていたとか、忙しくて行く暇がないなどの理由で自宅でケアをしたい場合ももちろんあります。
そのような場合には市販されている鎮痛剤を利用して痛み緩和を試みてみてはいかがでしょう。

鎮痛効果や抗炎症作用が強い薬として有名なもののひとつにボルタレンがあります。
こちらは効果が強いため現在の日本ではシップや塗り薬といったタイプのものしか市販されておらず、錠剤は病院からしか入手できません。
ボルタレンの有効成分であるジクロフェナクナトリウムが含まれている医薬品は海外でも販売されており、中にはジクロフェナクナトリウムの濃度が国内で販売されているよりも高いものもあります。
そのため、より強い効果を求める場合には個人輸入代行のサイトから購入することもひとつの方法です。

個人輸入のサイトから購入できる商品のひとつとしてボルタレンエマルジェルがあります。
ボルタレンエマルジェルはジクロフェナクナトリウムの濃度が国内のものよりも高く、すでにボルタレンを利用していても効果が薄いなどの理由で購入される場合もあるようです。
ジェル状の薬で腰痛や肩の痛みに対する治療薬としても多く利用されており、直接痛みのある例えば腰部分に塗りこむ形で使用されます。
ジェルですので、シップなどとは異なり常時貼り付けていなければならないなどの制約がなく、人に見られる場所であっても問題なく利用することができるため安心です。

湿疹や傷、粘膜にはトラブル防止のため、直接塗らない

鎮痛剤のボルタレン錠を直接塗るタイプにしたのが、ボルタレンエマルジェルです。
有効成分ジクロフェナクナトリウムには解熱・鎮痛・腫れをとる等の作用があり腰痛や炎症などの諸症状に効きます。
筋肉痛・関節痛・肩関節周囲炎・変形性関節症・腱鞘炎・外傷後の痛み等の治療薬としても有効です。

海外のボルタレンエマルジェルは国内で市販される医薬品より強い効果があるので、安くてよく効くものが良い・日本製はあまり効かないという人に個人輸入代行サイトからの購入はおすすめです。
使い方は適量を1日3~4回患部にうすく広げるように塗りますが、使用上の注意として眼や唇などの粘膜、湿疹・傷口・化膿部にはトラブル防止のため直接塗らないようにしましょう。
もし目に入った時はすぐに水又はぬるま湯で洗いましょう。
傷口に塗ると、しみたり、ひりひりすることがあるので使用しないようにしましょう。
塗った後は薬の作用が強く出る事があるので患部をラップ等でおおわないようにしましょう。

また塗った所が白くなる事がありますが継続して使用しても問題ないです。
塗り忘れの場合は2回分を一度に使わずに塗りましょう。誤って多く塗った等の場合は塗った部分をよくふき取りましょう。

まれに皮膚炎(発疹・かぶれ)・痒み・発赤・皮膚荒れ・刺激感などの副作用の初期症状があるので、その際は使用を中止し医師または薬剤師に相談しましょう。
アスピリン喘息の人や含有成分にアレルギーのある人は使用を控えましょう。
口コミでは国内のジェネリックに比べて消炎効果が高い・余分な刺激物質が入っていないので発赤や湿疹等の副作用の心配もなく安全に使える・肌に優しくお湯に浸かってもヒリヒリしない等と好評です。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ