普段から解熱鎮痛剤のお世話になっている人もいるでしょう。今の解熱鎮痛剤より自分に合った解熱鎮痛剤を探してみましょう。

  • ホーム
  • ボルタレンはロキソニンよりも強い解熱鎮痛剤

ボルタレンはロキソニンよりも強い解熱鎮痛剤

多くの白い錠剤

ボルタレンは、炎症や腫れを抑えて熱を下げ、痛みを鎮める解熱鎮痛剤です。
有効成分ジクロフェナクナトリウムが作用して、頭痛や腰痛等の痛みに高い効果を発揮します。
強い抗炎症作用を持っていて、胃に負担をかけることが多いので食後に飲むか胃薬と併用することが推奨されています。

また、ボルタレンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類されている薬でもあります。
ステロイド性抗炎症薬は強力な効果を発揮する反面、副作用も強いので軽めの症状に使用するには適していません。
そのため、ステロイド性抗炎症薬よりも軽い非ステロイド性抗炎症薬が痛み止めとして汎用されているのです。
ボルタレンの主な副作用としては、胃部不快感・食欲不振・吐き気・嘔吐・胃痛・腹痛・下痢・口内炎・浮腫・発疹等があります。
このような症状が見られた場合には、医師または薬剤師に相談することを心がけましょう。

ボルタレンは様々な形状で販売されていて、その中でも錠剤と座薬は劇薬指定されているほどで、他の解熱鎮痛剤よりも作用の強い薬です。
そのため、ジクロフェナクナトリウムを配合した市販薬には錠剤や座薬はありませんので、病院を受診して医師に処方してもらう必要があります。
ただし、塗り薬と湿布に関しては、ジクロフェナクナトリウムを配合した市販薬も販売されています。
ボルタレンは痛みや発熱に対して即効性がありますが、この効果は対症療法ですから痛みや炎症の原因となる傷病に対しては別途治療が必要となります。
また、副腎皮質ホルモンは使用されていませんが強い作用を持っているので含有量別に様々な製品が販売されていて、特にボルタレンリタード100mgは即効性が強く効き目が早いという特徴があります。

ボルタレンとロキソニンはどちらも解熱鎮痛剤となっていますが、それぞれ異なる特徴を持っています。
ロキソニンは服用してから効果が現れるまでの時間が早く、最短で15分で効果が現れます。
一方のボルタレンは強い消炎鎮痛作用があり、非ステロイド性抗炎症薬の中で最も強い痛み止めなので、他の痛み止めでは効果が出ない場合に使用されることが多いです。
しかし、強力であるがゆえに胃が荒れやすく副作用のリスクが高くなります。
このようなことから、すぐに効いてほしい場合にはロキソニンを、強い痛みを抑える場合にはボルタレンを服用することが最適な使用方法であると言えます。

ボルタレンよりも強力「ボルタレンリタード」も有り

ボルタレンとよく似た名称の薬にボルタレンリタードと呼ばれる解熱鎮痛剤があります。
ボルタレンリタードはボルタレンよりも効果が強く、幅広い症状に対応しています。
関節痛や神経痛の他にも発熱や急性上気道炎、抜歯等行った後の炎症に対する鎮痛というように様々な症状に効果を発揮します。

服用後30分程度で効果が現れますが、痛みや炎症の原因の治療を行っているわけではないため、ボルタレン同様対症療法薬として使用されています。
ボルタレンリタードは成人で一日一錠となっていますが、小児、高齢者の場合には作用が強く出てしまうため量を減らす必要があります。
症状が軽い時にも副作用が出ないようにするために低用量で服用するようにしましょう。

服用するときには、空腹時と就寝直前はなるべく避けるようにし、多めの水で飲みこみます。

主成分としてジクロフェナクナトリウムが含有されており、体内でシクロオキシゲナーゼという物質の活性化を抑制します。
それによって、身体の発熱や炎症を引き起こす原因となっているプロスタグランジンの産生を抑えることができ、炎症を抑えることができるのです。
非ステロイド性抗炎症薬であるため、ステロイドに抵抗がある人も安心して飲むことができます。

副作用として胃腸の不快感や全身に浮腫が出る、皮膚に発疹が生じ痒みが出るといったものがあります。
他にも腎障害や干渉が、急性脳症やショック症状もあるため服用後違和感が生じたときにはすぐに医療機関にかかりましょう。

市販薬のため、インターネットでも購入することができます。
ロキソニンやボルタレンと買うのに迷ったときにはかかりつけの医師にであったり、薬局に行き薬剤師に相談しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ