普段から解熱鎮痛剤のお世話になっている人もいるでしょう。今の解熱鎮痛剤より自分に合った解熱鎮痛剤を探してみましょう。

  • ホーム
  • イミグランのジェネリック解熱鎮痛剤「スミナット」

イミグランのジェネリック解熱鎮痛剤「スミナット」

黄色のカプセルと瓶

スミナットは片頭痛などの治療に使われている解熱鎮痛剤です。
スマトリプタンコハク酸塩が配合されていて急性期治療薬とも言われており、頭痛などによって急激に拡張された血管を以前の細さに引き締め血管の周辺にある炎症を抑えることで片頭痛の症状を緩和することができます。
炎症と関係のある「CGRP」と呼ばれている神経ペプチドの作用を抑えることと関係していて、スミナットなどのトリプタン系急性期治療薬は服用した後30分で効果を得ることができ即効性の高い医薬品として有名です。

スミナットはイミグランのジェネリック薬で、主に片頭痛の治療に利用される薬です。
数時間続いたり酷い時には一日中続くという片頭痛は吐き気や嘔吐などを伴うこともあるので、人によっては仕事が手につかなくなるような苦しい症状が現れます。
原因として頭部の血管が異常に拡張するなどの症状があり、血液の巡りが良くなり過ぎた血管を元の状態に収縮させなければいけません。

トリプタン系の頭痛薬のスミナットは頭痛が起きてから服用することで血管の内側の壁などに存在しているセロトニン受容体を刺激します。
広がった血管の引き締めをもたらしたり血管の周辺にある炎症を抑制することで片頭痛の症状などを改善することが可能です。
トリプタン系は炎症と関わりがある神経ペプチドの働きを三叉神経などに作用させ強い効果をもたらします。
頭痛の原因そのものを除去することはできないので痛みが酷い時などの頓服薬として服用すると良いでしょう。

データによると有効率は70%を超えていて服用してから30分後に効果が現れるので即効性の高さから幅広い世代の人が利用している薬です。
いくつか副作用があり血管を収縮させる働きがあるので、狭心症や心筋梗塞などを悪化させる恐れもあります。
循環器系に疾患のある人も注意が必要で、服用する前に事前に説明書などをよく読んでから使用することをおすすめします。

先発薬よりも薬代が安くなるのがジェネリック薬の魅力

ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許が切れた後に他の医薬品メーカーが先発薬と同じ有効成分で販売する薬のことをいいます。
先発薬と同じ有効成分を含有しているので、先発薬と同様の効果が期待できます。
薬を開発する費用がかからないため先発薬よりも安い価格で購入できるのが特徴で、医療費を削減できるとして注目を集めるようになりました。

ジェネリック薬は全ての成分が同じというわけではなく、添加物や薬の形状などが違うこともあります。
飲みやすいように味が付いていたりもするので、ジェネリック薬を好む人もいます。
ジェネリック薬も効き目や安全性などは厳しい基準をクリアして販売されているので、安心して使用することができます。
先発薬に比べて、副作用が大きいというようなこともありません。

スミナットは、解熱鎮痛剤として知られるイミグランのジェネリック薬です。
イミグランと同じく、スマトリプタンコハク酸塩を主成分としています。
スマトリプタンコハク酸塩には拡張した血管を収縮させたり、血管の周りの炎症をとる働きがあります。
その働きによって頭痛を和らげることができます。

イミグランは片頭痛の急性期治療薬として用いられており、スミナットにも同様の効果が期待出来ます。
片頭痛に悩んでいる人にとっては効果的な薬と言えます。
片頭痛は、1度だけではなく何度も繰り返し起こる頭痛のことをいいます。
慢性的な症状なので、その度に薬を服用して症状を和らげようとするとその分費用はかさんでしまいます。
片頭痛持ちで、週に1回は必ず頭が痛くなるといった人もいるでしょう。
そういった場合にジェネリック薬を使用することで、費用負担を抑えることができます。